『ペスト』カミュ

コロナ禍以降、何かと話題となったカミュの一冊ですが、ようやく完読しました。フランス文学をどんどん読むぞ!と思っていたはずが全然進みません。
ちなみに読んだのは新潮文庫です。光文社古典新訳文書からも刊行されています。こちらも読みたいのですが、積ん読がどんどん…。

余談ですが編集者の駒井稔さんのトークはいつも熱量あふれ、感動します。光文社の古典新訳文庫全制覇したくなります…。

さて、『ペスト』は非常にコロナ禍において含蓄を含んでいるのは間違いないのですが、カミュのことを思い浮かべると(といっても今頭の中には『異邦人』しかないのですが)、「不条理」というのがやはり避けられないかと思います。というわけで、コロナ/感染症にはあまり興味なく読み飛ばしつつ、思ったことを適当に残しておきます。

カミュの物語の空恐ろしいところは、人間が極限状況においても「通常のふるまい」をし続けられるところではないかと思っています。そしてそれは他者の目から見て「人間味がない」とか「血も涙もない」といった糾弾の対象となるに違いないのですが、本人(例えばリウー)はそうすることでしかその状況に対処できない。

最後の最後に、医師リウーがその心の内までを明らかにしているという点でペストは衝撃的です。人間らしさとか、大衆の立場に立てば、業務をこなすことで個々人の患者に向き合うことなく(いや、実際は心を痛めたとしてもそんな暇さえなく)、淡々と日々を過ごしていく様子は、非難の対象です。実際に、物語中でもそのような場面があります。

そのような状況の中で、彼は自分自身を保つために<通常>の日々をただこなしていく。そのような自分自身の様子に痛みさえ感じている。
そして何より、そのような状況を劇的に変える力を持ち合せないことに絶望すらしている。

リウーは決して血も涙もない人間ではない。医師です。少しでも多くの命を救うことを彼の職務としている。その彼が、血も涙もない人間として見られるという状況、その異常な状況こそが問題なのであって、不満や批判の矛先がリウーに向うことこそが不条理そのものです。

もちろん、ペストというパンデミックが不条理なのだと取ることもできるでしょう。しかし私としては、人間が人間をジャッジするやり方こそが不条理に思えて仕方ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です