放送大学の大学院修士全科生を受験した話

コロナで余裕があるので、大学時代にやっていた研究の続きを考えてみているうちに、是非教えを乞いたい教授が放送大学に移籍されたことを知り、受験しました。

まず願書ですが、全科の分は郵送では取り寄せフォームがなく、直接学習センターの窓口に向かいました。しかしながらコロナの関係で短縮営業…。休館日と重なってしまったこともあり、何度か向かう羽目になりました。電話するのも面倒だなと思ったからこうしたのですが、大人しく電話すればよかったです。

提出するのもギリギリもギリギリでした。当日ゆうゆう窓口が開いていなかったらアウトでした…。

受験当日も体調が悪く、ふらふらしながら到着。結果、1時間で解答用紙を埋めて退席しました。幸いなことに、英語はこの仕事をしていると、四択問題だったため、ハードルが低かったです。

まあ結果はどうなることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です