『日々是好日』森下典子

とても人気でありながら、私自身が茶道になじみのないため、敬遠していた本書を読了しました。

茶道に親しみのない人ほど読むと面白いのでは、と思わされました。

時折、お客様をお抹茶や茶道の体験にお連れするのですが、私自身は通訳をしながらも(う~~~~ん)とか思っていたのですが(本当にごめんなさい……)、型が存在する意味や、小さな茶室の中で完結しない空間の広がり、季節の移り変わりとの密接なかかわりなど、どれもこれも日本事象の極みとしか言えないような事柄が、筆者の実体験から丁寧に掘り起こされていて、読み物としても、参考書としてもおもしろい稀有な一冊だと思います。

小説ではあまりやらないのですが、珍しく付箋を貼りながら、参考文献として読み、ノートに取りました。

そして、これを読んで、ようやく茶道に手を出す決心がつき、知り合いに依頼して手はずを整えました。茶道を社会人になってから始めた友人には、「茶道を始めてから、季節の移り変わりにとても敏感だった小さい頃のあなたのことをよく思い出すよ」と言われているので、楽しめるでしょう!たぶん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です