『琥珀のまたたき』小川洋子

現実生活があまりに余裕がなく、更新が滞ってしまいました。

最近は読後の所感しか挙げていませんので、つまりは全く読書をする余裕がなかったということ。良くないですね。

ただ、やっとのことで読んだ本書は、通常運転の際に読めればせかせかした生活から引きはがす力があったように思いますが、この近頃はそれ以上に私の気力がもたず、一章読み進めるごとに手と目を休め、次の日に なり、を繰り返しました。

小川洋子の作品は「静謐」という言葉が良く似合いますね。この作品も例に漏れず、とても静かなものでした。

『海』や『寡黙な死骸/みだらな弔い』などでは、グロテスクさが引き延ばされた感じを受けた記憶があるのですが、本書はそれが目立たないような気がしました。それよりも、もっと些細な小さな誰にも気づかれない生活を大事にしている感じでした。まさに主人公たちが(何の変哲もない)石を自分たちだと信じて大事にするように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です