」カテゴリーアーカイブ

『ペスト』カミュ

コロナ禍以降、何かと話題となったカミュの一冊ですが、ようやく完読しました。フランス文学をどんどん読むぞ!と思っていたはずが全然進みません。
ちなみに読んだのは新潮文庫です。光文社古典新訳文書からも刊行されています。こちらも読みたいのですが、積ん読がどんどん…。

余談ですが編集者の駒井稔さんのトークはいつも熱量あふれ、感動します。光文社の古典新訳文庫全制覇したくなります…。

さて、『ペスト』は非常にコロナ禍において含蓄を含んでいるのは間違いないのですが、カミュのことを思い浮かべると(といっても今頭の中には『異邦人』しかないのですが)、「不条理」というのがやはり避けられないかと思います。というわけで、コロナ/感染症にはあまり興味なく読み飛ばしつつ、思ったことを適当に残しておきます。

カミュの物語の空恐ろしいところは、人間が極限状況においても「通常のふるまい」をし続けられるところではないかと思っています。そしてそれは他者の目から見て「人間味がない」とか「血も涙もない」といった糾弾の対象となるに違いないのですが、本人(例えばリウー)はそうすることでしかその状況に対処できない。

最後の最後に、医師リウーがその心の内までを明らかにしているという点でペストは衝撃的です。人間らしさとか、大衆の立場に立てば、業務をこなすことで個々人の患者に向き合うことなく(いや、実際は心を痛めたとしてもそんな暇さえなく)、淡々と日々を過ごしていく様子は、非難の対象です。実際に、物語中でもそのような場面があります。

そのような状況の中で、彼は自分自身を保つために<通常>の日々をただこなしていく。そのような自分自身の様子に痛みさえ感じている。
そして何より、そのような状況を劇的に変える力を持ち合せないことに絶望すらしている。

リウーは決して血も涙もない人間ではない。医師です。少しでも多くの命を救うことを彼の職務としている。その彼が、血も涙もない人間として見られるという状況、その異常な状況こそが問題なのであって、不満や批判の矛先がリウーに向うことこそが不条理そのものです。

もちろん、ペストというパンデミックが不条理なのだと取ることもできるでしょう。しかし私としては、人間が人間をジャッジするやり方こそが不条理に思えて仕方ないのです。

『在野研究ビギナーズ』荒木優太編著

常々興味のあった本を借りて読了しました。

中でも私が興味をひかれたのは、大久保ゆう氏(http://www.alz.jp/221b/index.html)が翻訳について語っているインタビュー。

実際に自分でも翻訳したい本や、実験的に翻訳をしてみたい本があり、それを公開することや人目にさらすことの意義を確認しました。

というより、たびのむしで細々とブログを書いていること自体が広義の「翻訳」行為でもあります。(日→英があまりにも稚拙なのは置いておいて)

そういった営みそのものを温かく肯定された気分になり、嬉しくなりました。

そしてたびのむしそのものが在野研究に繋がる可能性を持つこと、それこそが自分自身が放送大学院に入った理由であることから、今読むにベストなタイミングだったと思います。


ついでに、今後翻訳論について改めて『翻訳のダイナミズム』も再読しなければ、と思い起こされました。(あーーーしんどいのにーーーー)

『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎

1月は引っ越しやら事務手続きやらで猛烈にばたばたして本業の方をさぼりまくっているのですが、10冊は読むぞ!という目標を月初に立てたのでじゃんじゃん読んでます(楽そうな本から)

詰ん読が存在感を増す中、新年初ブックオフ♡などというわけのわからない理由をつけて、久々にドライブがてら、古書を見てきました。ちなみにブックオフの使用率は年1回以下です。

前野博士、超絶おもしろいんですよね。テレビで一度見たときおもしろすぎて笑い死ぬかと思いました。この人の本は絶対に読むぞと思いながら、縁がなく入手せず、メルカリで見かけてはスルー。新しいものを買って印税が博士に少しでも入れば…とか思っているうちに、ブックオフで見かけてしまい、買ってしまいました。正直メルカリで買う方が安いし、本屋で買ってないから博士にメリットはないし馬鹿でした。いや、周りに持っている人いっぱいいるから借りることもできたのに買うぞ!私は買うぞ…!とか思ってたんですよ…

とまあ、博士応援するため書店で購入するという初志を思い出すと、完全に敗北経路で手にしてしまったのですが、めちゃくちゃおもしろかったです。

今フランス語を勉強し始めたところなので、博士とその相棒がフランス語と英語とジェスチャーの謎言語で会話しているのも、ところどころフランス語がわかり、げらげら笑いたい…と思いながら電車でにやついてました。

体験談はおもしろい筆致で描きながら、一方で、研究のシビアさに関しては、これからその世界に身を沈めるものとしてはぞわっとする話でもありました。どんな先人の書籍を読んでも、やはりその裏に潜む圧倒的なリサーチ量には敬服するしかありません。

バッタや虫嫌いな人にでも楽しめます。

自身の職業に誇りを持っていることの尊さ、有難さを自分にもトレースして感じさせてくれました。私もフィールドは違いますが、通訳ガイドとしてこんな風に生きたいです。

『花を旅する』 

一体どういう経緯で我が家に来たのかわからない本書を読了しました。買った記憶が全くありませんが、最近本棚で新しく見かけたので、ストレスが溜まっていた間にいつの間にか買ったのでしょう。

12ヶ月それぞれの花を取り上げて、万葉集や、古今和歌集、枕草子、源氏物語の和歌、時折フランスの詩を引きながらつづった一冊。

ただ単に花の紹介なのではなくて、日本人にとって「花とは何なのか」の姿勢を貫いており、そこに西行や芭蕉の旅の精神、隠遁、神をまつること、生命の生まれ変わりなど、日本人的思考に溢れた一冊です。

個人的にこういった文芸の中に精神性を探る試みは大好きなので、最初は著者の思い出話なのだろうか?と少し取っつきにくかったのですが、途中から自身が普段から考えていることや、より掘り下げたいことの手がかりがわんさか出てきてとても楽しく読めました。

2月末に梅と桜について喋る機会がまさにありまして、そこから「花」の精神につなげようと思っていたので、ほぼほぼ本書をまとめて、海外の方向けに補足すれば事足りてしまう。なんてラッキーなんだ。

『翻訳地獄へようこそ』宮脇 孝雄

積んであった蔵書から早く読めと言う声が聞こえてきたので、読みました。一年以上熟成したような気がするのですけれども、さあどうでしょう。

かなりたくさんの参考文献・辞書が乗っていて、必ず再読した上で全部制覇するぞ、と誓いました。

私の生業は通訳案内士ですが、派生業務として通訳もどきや、知人の個人輸入業に関わるビジネス通訳・また、翻訳、字幕翻訳も担当します。

また、個人的には文学畑の出身であることから、文学作品の翻訳には強い興味を抱いています(それが高じて放送大学大学院に出願してるわけだし…。)

柴田元幸さんのポール・オースターの翻訳に魅了されて以来10年ほどになるのでしょうか、この夏、久々に、原作・翻訳を読み比べてみて、自分でも実験してみようとして途中で力尽きました。出版翻訳の労力にはただただ舌を巻くばかりです。(決して他が楽という意味ではないです。)

どの表現が最もしっくりくるのかを探る営みは苦しいけど楽しいし、ひらめいたと思いきや、大したことがなかったり、また逆に心に残るものであったり、そういった言葉との一期一会が翻訳にはあります。そしてそれが物語全体に大きな印象を与えたり、分析の手掛かりになるんだと思うとゾクゾクします。

その一期一会を大切にするための必須アイテムが辞書。私は辞書を通読していないのが心にずっと引っかかっています。観光英日辞書なら、とチャレンジしてみたものの、Aの項目で終わってしまいました。今までに読んだことがあるのは、子供用のことわざ大辞典と、星座の大辞典、血液についての辞典(?)ということになります。

これでは言葉を操るものとしてスタートラインにすら立てていません。
自分の言葉が正しいのか正しくないのか、人にどのような印象を与えるのかということに無頓着なまま、他者と関わっていくことなど言語道断。

日本語・英語・ロシア語において、ふさわしい言葉遣い、正しい言葉遣い、くだけた言葉遣い、そして印象的な言葉遣い、リズム感を操れるようになれたら、と夢見るばかりです。