その他」カテゴリーアーカイブ

2022年あけましておめでとうございます。

昨年度はなぜか「放送大学 大学院 不合格」で検索し、こちらのブログにたどり着いてくださった方が多かったようです。当方は一応合格して院生をやっているわけですが、入試の情報や、実際に入学してからの情報を求められている方が多かったのでしょうか。全く期待に沿えないブログとなりました。なんだかすみません……。

昨年度はトラブルが多く、思ったように活動できなかった一年でした。

授業も半分も(!)落単し、研究レポート①も惨めなものを提出し、その後全く進捗がなくゼロ字という情けなさ。

例年100冊はきちんと読むことを目標にしているのですが、一昨年が救急車で運ばれたりなんやかんやで70冊程度になってしまい、うげっと思っていたところ、昨年は入院する羽目になりわずか31冊となりました。

入院中はすることがなくて読書が励む…なんていうことは全くなく、ただただしんどいだけでした。

通訳案内士としての活動も、コロナの影響があり思うようにできてはいません。

せめて2022年は修士を修了できるよう、そしてガイドとしての収入も確保できるよう、動いていければと思っています。

読書ペースもリハビリを兼ねつつ、戻していこうと思います。
記録を残すためにもブログの更新は昨年度上がるかと思うので、見てくださる方の何かの助けになれば幸いです。

確定申告時期によく受ける相談

年末や、確定申告、また、普段の会計業務でよく相談されることがあります。
給与所得のみの確定申告であれば、税務署のホームページで公開されているもので十分すぎるとは思うのですが、事業所得があるのであれば、そしてさらに青色申告であれば会計ソフトを使うのが一番簡単ではないかと思います。

弥生やFreeeなどもありますが、私が使っているのはMFクラウドです。

相談者のお話を聞いてみて、全く簿記の知識がなければFreeeをオススメしているのですが、少しでも複式簿記がわかるのであれば、MFクラウドの方が個人的には入力が楽でした。

また、ある程度の規模になってくるのであれば、税理士さんに相談してしまうのも手だと思います。

自動承認や銀行・カードとの連携ももちろんできますから、確定申告の前に月ごと、せめて半年ごとに入力していれば、かなり楽だと思います。
(できればお金が動くたびにチェックするのが理想なのですけどね…。)

日商簿記1級の勉強開始!

6年ほど前に2級まで勉強した日商簿記を、再開することにしました。
簿記は年々論点が削除されたり加えられたりと変化が激しく、実際に今回2級の問題を見ると大幅に変わっていました。

私が勉強したころは特殊売買が主でしたが、スコーンとなくなっており、1級の内容へと変わっています。逆に連結会計が2級の内容へと降りてきており、今回学習したので、「これはもしや1級勉強してもいけるのでは…?」という安直な考えです。

6月合格を目標に、のんびり頑張ります。

今回、教材の選定にあたって、面白そうなものを見つけました。
オンラインでビデオ学習、教材、練習問題、模試が完結している「スタディング」

8/17に簿記1級の講座がスタートしたようで、9月末までキャンペーンでお安くなっています。

教材を買うのも億劫だったので早速申し込みました。

また進捗報告します。

放送大学で奨学金を獲得しました!

やりました!!
放送大学修士で申し込める奨学金、「北野生涯教育振興会」の奨学生に選出されました。

HPによると毎年10名程度に支給とのこと。成果論文や、発表の必要はありますが、それだけ自分の研究が人の目に触れる可能性があるということだし、可能性を感じていただけたということだと思います。

嬉しいーーーー!!!!!!

30万円です。お財布も嬉しい。

自分の卒論が褒められて嬉しかった話

放送大学大学院に入学して1か月がたちました。
授業をほぼ視聴できていないのですが、ゼミが楽しいです。

なんとすごい人たちが集うんでしょう。
自信がなかったので、自分の卒論を事前に教授に送っておきました。

すると、(私からすると)天にも昇るような絶賛のお言葉をいただき、もう、うはうは♡です。一つ、自分が仕事と並行して死にかけながらほとんど当時の指導教官と連絡のやり取りもできずに無理やり仕上げたものが、評価されたというひとつの指標になりました。

ただし優しくお言葉をかけてくださったのだと割り引いて考えてはいますが。

これで調子乗ってばんばん文章書くぞ!……とはなりません。
いまだに文章を書くのは苦手です。

この前、課題のレポートのひとつを書いたら、ただのエッセイになってしまいました。これはまずい。